はん助奮闘記

こだわりの発掘

自用印から印鑑の書体を考える

| 0件のコメント

楷書体の印鑑を彫ってみた

私の自用印ですので、公開します。

唐代の楷書の名手・欧陽ジュン(言偏に旬)の代表作

(九成宮レイ(酉偏に豊)泉銘)を見本に彫ってみた。

碑文に彫られ、文字間は広く整然と並べられており

印として枠の中に閉じ込められた空間では生かされない部分を

改めて感じたが、基礎的な勉強として捉えています。

フォントでも完成された楷書がありますが、

自分で文字の余白の取り方や特徴を見つけながら

書き、彫って仕上げを行わなければ、仕上げで手は動かない

ふと思い出した言葉が胸中成竹(きょうちゅうのせいちく)です。

「胸中に成竹あり」は、創作する中でとても大切なことです。

意味は、 成功の見通しを立てておいて、前もって準備しておくこと。成算のこと。

竹の絵を描く時は、先に胸中で絵を完成させておいてから一気に描くという意味から。…

文字デザインがいくら良く出来ていても、仕上げの段階で手が動くとは限らない。

そうならない為に準備は必要ということでしょう。

手本のない書体は大変

行書体+古印体(※切り離さないようにした)

AA-1

最初に仕上げたのがA、その後、補刀したのがA-1。サイズは12ミリ丸。

読みやすいことに加え、ツナガリが行書体の特徴ですが、印にするとやはり

一般の方には、文字フォントとの違いが判り難いので古印体を加味して

文字フォントではできない印にしてみました。

少し遊びを加えて?

最古の土偶(滋賀県・相谷熊原遺跡)。1万3千年前のものとされている

縄文の女神を見て思わず彫りたくなってしまいました。

女神のフォルムを枠の形として最初にデザイン

枠に合う文字を考えて、

文字は20種類ぐらい書いてみましたが、この変形した枠にどうしても合わない。

翌日になって、ふと思いついたのが、一風変わった口でした。

まあ自分が使う自用印ですから、こんな感じもいいかな…と

遊びの印に大切な事は枠を含めた全体の表情でしょうか、

奥が深いこのエリアは感性が占める領域。

出来のいい悪いはともかく、縄文の女神を見たときの感動が

生かされいればいいかな…と

(天地は10ミリ弱の印。)

自用印を意識すること

自己表現としての仕事をされている方は多くいます。

例えば芸術家。書家・日本画家・版画家・など、自分の作品というしるしとして

印を押しますが、印にもこだわりがあり、多くの印を持ちながらも

実際に使用する印は2~3個(印を数えるときは、カ(果に頁))といいます。

気に入った印とは、彫り手の側ではなく、使う側が決めること。

どんなにいい印が出来たと言ってもだめなんです。

相手の感性に合うものを作る姿勢も大事なこと…

まだまだ先が長い、ゆっくりと階段を登りましょう。

 




コメントを残す

必須欄は * がついています