はん助奮闘記

こだわりの発掘

小田原のはんこ屋・ブログ

| 0件のコメント

ブログで伝えたいこと

数年前からブログを書き始めました。

最初は、契約先でもあったNTTの「ブログ人」でしたが、廃止されることになり

以前の投稿を受け継げることも考えて、「gooブログ」にするつもりでいましたが、

いろいろと考えて「ワードプレス」に決めました。

自分でホームページを作成していることもあり、何と言っても

他の広告が掲載されないという点が決めてでした。

残念ながら、以前の投稿のデータを受け継げませんでした。

最近はブログに代わり、FacebookやSNSを利用する人が増えています。

ただ、自分にはブログが一番しっくりくる感じなので現状維持の状態です。

ブログで伝えたいことは、彫助のはんこ屋としての取り組みです。

そして、技術を発信し続けることで、日々変化しているということ、

たかがはんこ屋、されどはんこ屋でしょうか。

(彫助の看板犬リュー5歳)

活字で伝える以上のものを伝えること

思いは活字(文字を打つ事)で簡単に伝えられる。

しかし、その真偽を確かめる事はできにくい。

その手助けにブログで発信する意義はあると思っています。

自分よがりになってしまうことは戒めながら

誠実にと…

実際に彫って押した印影を載せる意味

ブログに載せる印影は、全て見本として創作したものです。

書いた文字では、実際に彫刻したときとのアンバランスが出てしまい

彫刻作業の肥やしにならないためです。

(大体の見本は15ミリ丸に彫っています。)

注文で頂く意見は宝の山

印鑑の注文で校正をお見せするときに頂く意見は

大変参考になります。漢字の「和文篆」を考案するきっかけにもなりました。

はんこ屋で扱う古い文字は読めなくてあたりまえで

何の疑問も持たずいましたが、読めるようにして欲しいと

思う方が意外に多いため、重い腰を上げた次第です。

お客様の要望を受け入れつつ、文字本来の姿を守りながら

デザインして行く作業は大変ですが、頑張っています。

彫助の店長、私の家内も大変貴重な意見を言ってくれます。また

彫助の店名の考案者で、更新前のホームページのトップの写真も家内のアイデアです。

多くの方のお陰で職人をさせて頂けることに感謝して

今後も発信して行きます。

 

 

 




コメントを残す

必須欄は * がついています