はん助奮闘記

こだわりの発掘

読みやすい和文篆をデザイン

| 0件のコメント

和文篆に求める要素

彫助の印鑑の書体で人気がある和文篆ですが、

「ひらがな」以外でも創作できないか?

印鑑の書体は、読み難いところがあるので

読みやすく出来ないか、試行錯誤で

彫ってみました。

文字は女性の名前で昨年ランキング1位だった

「咲良」=さら、です。

①読みやすいこと

②優しい感じがすること

③印としての重みが感じられること

以上の3点を考慮して彫って見ました。

「優和文篆」(ゆうわもんてん)とでも名付けましょうか。

見本書体になるのか?

見本書体にするには、どんな文字の組合せでも

同じような雰囲気を出せることが大事な要素。

もう少し見本を彫ってみたいと思います。

お客様の感性が創作の源泉

本当にお客様には驚かされます。

文字デザインを見せて、意見を聞く。

様々な考えを取り入れて、またデザインしてみる。

そのやり取りから、相手の感性を感じる場面が

時々ある。そのような考えから

新しい文字の書体(書風)が生まれてくる。

デザインを考えることは大変ですが、

本当にありがたいことです。

 




コメントを残す

必須欄は * がついています