はん助奮闘記

こだわりの発掘

明神ヶ岳までハイキング?

| 0件のコメント

南足柄市と小田原市と箱根町に跨る

明神ヶ岳は、標高1,169.1メートル。

近くの金時山より少し低いが、

看板犬を連れて家内と散歩気分で

登ることに、用意は、万全

ザック・登山靴・ストックなど

箱根から登らず

普通は箱根の強羅から宮城野へ行き

ハイキングコースで明神ヶ岳を目指すのが

一般的に思いますが、今回は

小田原の飯田岡から和留沢のPを目指し

そこからチャレンジすることに

途中まではリュウも散歩気分。

自然の景色を楽しみながらのスタート直後でした。

杉のキレ株にコケが、

登り始めて自然を楽しむのも

ここまで、道は険しくなり、勾配もだんだん

きつくなり、リュウはザックの中へ、

登山の立て札には、45分の道のりとありましたが、

リュウを背負った私は、90分。

疲れたため、昼食に

明神ヶ岳の見晴らし台までの84分コース

でしたが、これからは今まで以上にきつい勾配

普段の運動不足の足では、途中で帰る選択が一番。

家内はスタコラスタコラ元気でした。

(写真は中継地点を横切る林道)

来た道を下る。

帰りは、35分でPまでスタコラスタコラ。

五月最後の日曜日、天気は晴れ。

自宅に着く頃には足腰がガタガタでした。

 




コメントを残す

必須欄は * がついています