はん助奮闘記

こだわりの発掘

法人登記印が2ヶ月余りで?

| 0件のコメント

安さは魅力ではあるが

これは如何なものか

登記後2ヶ月余りで枠の半分近くが

欠けてしまった法人の実印です。

材料は黒いが、

黒い材料ではあるが、

黒水牛の角ではない。プラスチック材

改印を余儀なくされたことは言うまでもない。

こんなに枠が太いのに欠け易い材料を使う理由は

きっと、彫りやすい材料なのかと思う。

印材の安さもあると考える。

結果的にどちらが良いのか

改印手続きは、手間隙がかかります。

また、公的な場合も含め届けた印鑑を

変更することになりますし、

また新たに印鑑を作り直すため

出費もかさむ結果になることになります。

安売り競争の中では

仕方ないことなのでしょうか…

一級工房彫助




コメントを残す

必須欄は * がついています