はん助奮闘記

こだわりの発掘

仕上げをしない印鑑

| 2件のコメント

散歩中の看板犬リュウ

印鑑を扱う業者

インターネット・通販・カタログ販売・印鑑専門店など

印鑑を扱っている業者は多い。

では、印鑑職人の数はどうでしょう?

組合組織(全日本印章業組合連合会)の会員数をみると

昭和53年 会員数5129名

平成22年 会員数1634名

68.1%減で、平成30年の現在はもっと

少ないと予想できます。

印鑑職人

印鑑職人=印鑑を仕上げ能力を有している。

と一般の認識ではないでしょうか。

既成フォントのない時代は、

仕上げることは当たり前のこでしたが、

今は、仕上げないケースが大半だと思います。

機械による荒彫り印鑑

一般の方たちは買っているといえます。

 

仕上げ作業

仕上げ作業とは、荒彫り印鑑の

印面を整えることですが、

具体的に大切なことは

1.枠の耐久性を上げることがげきる。

2.鮮明に印鑑を押すことができる。

3.印鑑偽造が出来難い印鑑になる。

などのことがあります。

仕上げ作業を省いた印鑑は

以上の部分を省いた印鑑というこです。

手仕上げ印鑑の疑問

インターネット販売などにみられる

一部の業者の中に、

印鑑制作の仕様に手仕上げとあります。

枠を仕上げただけでも手仕上げ仕様?

文字を仕上げると、かえって文字が崩れる?

手彫り技術を学ばないで

印鑑を販売しているのですから

仕方がありませんが、

安価であるため商売が成り立つのでしょう。

一級工房彫助

 




2件のコメント

  1. 印鑑の縁が欠けてしまったので、彫り直しを考えいます。
    材質は象牙で直径15ミリ、両親から贈られたものを実印として使っていました。
    費用はどの位になるでしょうか?
    お教え頂ければ幸いです。

    • コメントありがとうございます。返信が遅れまして申し訳ございません。
      象牙の改刻は、値段が安いものを望まれるのか、しっかりとした技術で
      彫られているものを望まれるかによって、かなり違います。
      5,000円位から2万円台後半までいろいろあります。

コメントを残す

必須欄は * がついています