はん助奮闘記

こだわりの発掘

印鑑の文字校正

| 0件のコメント

文字校正のタイプ

印鑑の文字校正はタイプがある。

職人がいない安売りサイトの場合

当然ながら、文字の専門家はいないので

文字フォントで打ち込まれたものになります。

職人がいる場合は

フリーハンドで書いた大まかなイメージが

一般的だと思います。

彫助の文字校正

これは、実際の注文の際

検討のためデザインした「四神判」の

イメージです。(※注文の印鑑とは関係ない文字です)

お店では当店もフリーハンドで

どんな文字になるか書いていますが、

その場で細かい説明ができないサイトからの

注文の場合は、できるだけ

彫りあがった姿に近づけないと

クレームなどの恐れが心配です。

校正デザインは大変

当店の文字は、書体の種類も多く

校正にかける時間は、普通に印鑑が

何本も彫れてしまう程です。

でも、お客様の想いを伺うと

よーし、がんばろう!という感じで

また、作業に取り掛かってしまう日々です。

印鑑は誰のため

では、本当に職人はお客さまのために

いい仕事が出来るのか?

きっと、自己満足やプライドがあるから

できることもあると思います。

そこには、儲けのためだという思いは

私ごとですがありません。

金額に換算したらできないと正直感じます。

前金は苦手?

商売をしていると

商品の代金を前払いの時や

商品と引き換えに戴くなどありますが、

私は、昔から代金を先に戴く

ことをしていないので苦手であります。

代金を戴いて完了というイメージが

出来上がっているのかもしれません。




コメントを残す

必須欄は * がついています