はん助奮闘記

こだわりの発掘

ホームページ更新作業に2年

| 0件のコメント

2019年4月29日、やっとホームページの更新ができほっとしています。

ハンコ屋は、はんこを彫ってナンボの世界ですが、

はじめてホームページを作って公開したのが

2009年9月30日、最初の更新が2012年ごろで

今回が2度目の更新です。

IMG_0137-2

看板犬のリュウと一休み

 

 

HPを自分で作る意味があるのか

更新するまでずーっと考えてきた事です。

本来、コンピューターって訳がわからない世界でキライです。

でも、HPを自分がつくるからこそ意味があると…

 

更新作業を始めたのが2015年の5月頃で

その後も本業の他に印章訓練校の指導員や研究科の指導員としての

指導の一環として、技術の向上を目指すひとつに

全国印章技術大競技会の出品を経験させることがあり

多くの生徒や研究生が成果をのこすことができました。

やって見せ」がないと、伝わり難い技術であるので

私自身も出品して経済産業大臣賞を、

同僚の先生(大賀雅雄氏)も厚生労働大臣賞のご褒美。

以上のようにアナログの日々を過ごしながらの

作業であった為になかなか更新できないのもしかたありません。

 

プロが作るHPはさすがに凄いと感じます。

数十万から百数十万も掛かるのですからそれによって買いやすいHPになります。

でも実績がでなければ、もっとこうしたらというようにアレンジしてゆく事になり

さらにお金を掛けることになるでしょう。

私自身、いろいろな業者と話はしましたが、表面的で

「売り上げを上げるためにどうぞ手伝わして欲しい。」等々

はんこという業種を理解した上で寄り添ってこれからはこうではというような

話はありませんでした。当たり前といえばそうですが、

こちらが望んでいる方向性を試行錯誤しながら模索するには、

自分がやって行くしかないのかなと思ってしまいます。

 

ただ、プロが作るHPとは違い、少し硬い感じがして

反省するところも多くありこれからの課題です。

 

HPを自分で作る意味があるのかにつては

以前はHPを作らないと時代に遅れてしまうという思いが強かったですが、

今は、技術(技能)を持っていないと良いハンコは作れないということを

しっかり示して行くためにも、もう少し自分でやって行こうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

必須欄は * がついています