還暦は通過地点のひとつ

ブログ更新を控えながら…

今年に入ってからも

書道に集中するためにブログの更新を

控えてきました。

草書千字文の会得を掲げて

2年8ヶ月

道のりの険しさを承知したうえで

やり続けてなんとか還暦までに

と…

もう少しかかりそうです。

諦めたらそこで終わり

うさぎではなく

カメなのでやり続けたいと思っています。

印鑑にとって大切な文字の表現

印鑑 正しくは印章

印鑑の書体も最近では

色々とありますが、

楷書のようで行書も混じった

線にも動きがある(いい意味で躍動感がある)

書体が人気のようですが

読み難い書体ではなく

読めるということが身近に感じられる

書体なのかもと思います。

ただ、

印鑑職人にも、文字を扱う上での

立ち位置というものがあるような気がします

正当なというか、

伝統を大事にするとか、重んじるとか

印相体(吉相体)などは伝統があるとは

言えないが、

創作書体も伝統はない。

だからこそ、書道を学ぶ意義はある

伝統を学び創作に生かす

そこが私の立ち位置かなとも思います。

石のはんこ(落款印)

石のはんこ

書道の作品に押す落款印を

彫る機会がありますが、

昔は、彫りあがると

手直しすることが当たり前のようでしたが、

最近では、

手直しすればするほど

精彩が無くなり、味気がなくなることを

強く感じます。

それは、印稿がどれだけ大切なことなのか

証左とも言えます。

実用印にも同じことが言えます。

一歩はもう少しお預けです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です