万畳篆の創作

印鑑の書体のひとつとしての万畳篆

当店の書体に万畳篆というのがありますが、

この書体は印相体の欠点を解消するとともに

書体の印相体としての視覚的長所を生かすために

創作した書体です。

とはいっても、書体を創作することは

そう簡単なことではありません。

シナ(中国)の歴史の中で印章の中に九畳篆というものがあり

それを参考にしてあります。日本では、お寺で使用される

印、印文=仏法僧法に九畳篆の影響があります。

少し気が重たくなる書体のひとつ

画像は、注文時必ず行う風景の一つです。

最初は半紙に鉛筆で試行錯誤して

次に、実際の印影を想定してイメージを作成します。

それを作業場から見えるところに添付して

時々眺めます。修正箇所が見つかれば

また修正して、

同じように掲げて見る

この繰り返しをしながら、煮詰めていく

イメージが完成するまでの試行錯誤は意外と大変な

作業になります。

創作は大変な作業ですが

万畳篆に限らず、和文篆などの書体は

手本がなく、自力の感性でまとめて行くしかありません。

何日も頭の中でどうしたらいいのか

考えることも以前はありましたが、

最近は思考回路も慣れて少しは楽です。

いずれにしても、簡単に妥協しない姿勢は

次につなげて行くために大切であると考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です