はん助奮闘記

こだわりの発掘

1年間を振り返って

| 0件のコメント

昨年5月から現在まで…

昨年度は、大きなイベントがありました。

ゴム印検定が長い間、開かれていない中で

再開されることになり、

神奈川県印章研究会の指導員、指導員補、生徒を含めて

ゴム印の1級資格を取得する良い機会と思い、

腹を括る覚悟を持って、自身を当事者にすることで

機会を生かそうと、

1級の資格は、とてもハードルが高いものの

研究会所属でのゴム印検定1級の合格者は10名でした。

私も苦労した甲斐があり何とか吉報を受け取りました。

検定を振り返ると…

日々の仕事がある中での半年間は

32年振りの検定を乗り越える(4時間半の集中が必要)ために

筋肉トレーニングの習慣化も功を奏して

首(首の筋)が固まってしまう・手の握力が無くなるなどの

体力的(筋力)な年齢の壁を乗り越えることができました。

技能は仕事に生かすことではじめて報われるのですが、

その後、手彫りの小切手判の注文も積極的に受けています。

篆刻から書道への軸足変更

もう一つの変化が篆刻中心の活動を

再開して1年間、

謙慎書道会で秀逸を戴き、更なる高みを目指す中、

師匠(廣畑筑州)は言葉にはしないものの

(自力で)文字が書けることが全ての基準という話を

毎回の稽古で、ここ数か月、聞くことが増えたこともあり、

改めて書に軸足を移す覚悟をもったことです。

自身の書を完成させることを目指す。

言うがやすし、行うが難し

筆・形・布置の勉強は現在の生活の

中心になっています。

ブログの更新

以上のような様々な要因で

ブログの更新作業ができていません。

書きたいこと、伝えたいこと

書体見本の充実を含めてホームページ全体の

リニューアルも視野に入れて進めてゆきたいと…

これについては、大変な作業です。

外部に委託しないといけないか、

今まで通り、自力で更新するか…

自粛中はモグラ状態

私の住む小田原も自粛の状態が継続です。

外食なし、技能向上の研究会も公共施設の休館で

3月から休み、同業者の集まりもすべて取りやめ。

家内は農婦状態で明るい日々を野菜と過ごしている。

楽しみを持つため望遠デジタルカメラを買う

予定でしたが、とりあえず半紙を1万枚注文しました。

人生最大のハードルを乗り越えようと…

すみません。

ホームページにブログ記事の更新(4月25日)

「営業自粛のお知らせ」をしていたのですが、

当方のミスで、下書き状態でワードプレスの設定で

アップされていませんでした。

緊急事態宣言解除の県も本日14日からありますが、

神奈川は自粛継続のため内容に変更がないため

アップしておきます。

 

彫助ホームページへ



 

コメントを残す

必須欄は * がついています