職人を育てるという新しい考え

時代背景に影響される人材育成という問題。

どんな時代にも必要とされる業種であれば

人材育成は容易にできるとは思います。

では、印章を扱う職人の場合はどうでしょうか

昭和から平成にかけて機械化に頼りきってしまった付けが

大きく、簡単に職人を養成できないのが現状

2代目3代目がいても、業を続けいけない問題がある。

本当の問題は、経営力の欠如が大きい、

職人としての能力がいくらあっても、

営業能力や経営能力で将来への十分な備えが

できなければ、次世代へのバトンは渡せない。

では、どうして職人を今の時代に育てることができるか

柔軟な考えと斬新な思考が求められる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です