はん助奮闘記

こだわりの発掘

篆刻・自用印を彫る

| 0件のコメント

自用印に用いる書体を選択

自用印として書体を選ぶときに、数年前に師匠(筑州)が半紙に鉛筆でさらりと

書いていただいた、ものを思い出し、(手元にないがどこかにあるとは思う)

その書体は璽印(じいん)風の文字であったので、

古じ(金偏に弥のつくり)の書体で彫ってみた。読み方は「こじ」

…秦の時代より以前の戦国時代の篆書。

 

   彫ったまま補刀なし。      印影を修正。

印面サイズは9ミリ四方。石は青田石を使用。印文は「清博」。

モロイ石に細かな彫刻をする

大きな鉄筆は繊細な彫刻に向いていない。中型の鉄筆も同じこと、

まして小さな印のため、小型の鉄筆を使用する選択をする。

彫刻法には、「押す」「引く」、2通りの方法があるが、最近の流行ではないと思われる

「押す」方法がこの場合最適と考え選択。

深さは、当然ながら浅彫りで、慎重に彫り進めてゆく。

最後に印面を綺麗に洗い、捺印。

更なる経験が必要と感じるも、石の選択も大切と思う。

もう少しきめの細かい粘り気のある石がいいのでは…

展覧会用に使用するために彫刻

締め切りが近いので彫りました。落款の後に押す印。

何もかも手探りですが…あとは、落款を書いて一応準備完了です。

師匠に了承してもらえるかは未だ判らない。彫り直しかな、

とりあえず恥をかくことも恐れず前に進みましょう。

手本はないので試行錯誤の繰り返しです。

彫助ホームページへ



コメントを残す

必須欄は * がついています